京都大学大学院工学研究科

都市環境工学専攻

大気・熱環境工学分野

Go to English Page

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

ようこそ、藤森研究室へ!

京都大学大学院工学研究科 都市環境工学専攻 大気・熱環境工学分野 (藤森研究室)では統合評価モデルというエネルギー、経済、農業、土地利用、水利用などを統合的に解析するコンピューターシミュレーションモデルを用いて、主として気候変動に関連する研究を行います。気候変動に関する研究の中でも、将来の温室効果ガスの排出量見通し、その削減方策の検討、気候変動影響の経済的分析を中心とします。さらに気候変動だけでなく持続可能な発展に関連する諸事象についても統合評価モデルで対象とできるものは解析の対象とします。対象地域は国(アジアの各国)、アジア全域、世界全体といったマルチスケールを対象とし、対象期間は現在から2100年までの短中長期としています。

モデルシミュレーション結果のデータ提供の可能性、モデルの提供の可能性については、右ページをご確認ください。

大学院生・研究員募集中

大学院生(修士、博士)の入学希望の学生を広く募集しています。 こちらを見てください。

基本的には工学研究科・都市環境工学専攻の試験を受けていただくことになります。

学振PDも募集しています。

What's new (過去のお知らせはこちら

  • 2020年11月26日:写真集のページを更新しました。

  • 2020年11月18日:藤森准教授が Highly Cited Researchers 2020(高被引用論文著者)に選出されました。研究者の評価の主要な指標の1つが、執筆した論文が他の論文に引用された回数です。Highly Cited Researchersは、研究分野ごとに引用された回数の多い論文の著者を世界で影響力のある科学者として選出するものです。今回は複数分野での業績を合算して評価されたCross-Field(クロスフィールド)における選出です。京都大学からは8名、日本からは100名が選出されています。

Highly Cited Researchers 2020の解説

  • 2020年11月13日: 藤森先生のインタビュー記事が産経ニュースに掲載されました。

https://special.sankei.com/a/economy/article/20201113/0001.html

  https://www.sankei.com/premium/news/201112/prm2011120007-n1.html

  • 2020年11月13日:新しい論文が出版されました。

An assessment of the potential of using carbon tax revenue to tackle poverty

https://doi.org/10.1088/1748-9326/abb55d

Harmonization of global land use change and management for the period 850–2100 (LUH2) for CMIP6

https://doi.org/10.5194/gmd-13-5425-2020

  • 2020年10月27日: 藤森研究室の計算結果が日本経済新聞に掲載されました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65480550W0A021C2MM8000/

  • 2020年10月13日:新しい論文が出版されました。

Implications of climate change mitigation strategies on international bioenergy trade

https://doi.org/10.1007/s10584-020-02877-1

  • 2020年10月8日:新しい論文が出版されました。

MIROC-INTEG-LAND version 1: a global biogeochemical land surface model with human water management, crop growth, and land-use change

https://gmd.copernicus.org/articles/13/4713/2020/

  • 2020年9月30日:Sustainability Scienceで発表した論文について、京都大学のホームページでも紹介されています。

https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2020/200920_1.html

  • 2020年9月30日:プレス リリースのページを更新しました。

  • 2020年9月28日:新しい論文が出版されました。

Stranded investment associated with rapid energy system changes under the mid-century strategy in Japan

https://doi.org/10.1007/s11625-020-00862-2

Impact of methane and black carbon mitigation on forcing and temperature: a multi-model scenario analysis

  https://doi.org/10.1007/s10584-020-02794-3

Identification of Key Factors to Reduce Transport-Related Air Pollutants and CO2 Emissions in Asia

https://www.mdpi.com/2071-1050/12/18/7621

  • 2020年9月16日:中間報告会を開催しました。

  2020年9月中間報告会

  • 2020年9月10日:Natureで発表した論文について、京都大学のホームページでも紹介されています。

https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2020/200910_1.html

  • 2020年9月10日:プレス リリースのページを更新しました。

  • 2020年9月10日:新しい論文が出版されました。

“Bending the curve of terrestrial biodiversity needs an integrated strategy”

https://doi.org/10.1038/s41586-020-2705-y

  • 2020年9月8日:新しい論文が出版されました。

“Reducing stranded assets through early action in the Indian power sector”

https://doi.org/10.1088/1748-9326/ab8033

  • 2020年9月2日:写真集のページを更新しました。

  • 2020年9月1日:新しい論文が出版されました。

“Early retirement of power plants in climate mitigation scenarios”

https://doi.org/10.1088/1748-9326/ab96d3

  • 2020年8月27日:新しい論文が出版されました。

A pathway design framework for sectoral deep decarbonization: the case of passenger transportation

https://doi.org/10.1080/14693062.2020.1804817

Comparing transformation pathways across major economies

https://doi.org/10.1007/s10584-020-02837-9

Food security under high bioenergy demand toward long-term climate goals

https://doi.org/10.1007/s10584-020-02838-8

Bioenergy technologies in long-run climate change mitigation: results from the EMF-33 study

https://doi.org/10.1007/s10584-020-02799-y

Assessment of bioenergy potential and associated costs in Japan for the 21st century

https://doi.org/10.1016/j.renene.2020.08.015

  • 2020年8月24日:新しい論文が出版されました。

“EMF-33 insights on bioenergy with carbon capture and storage (BECCS)”

https://doi.org/10.1007/s10584-020-02784-5

  • 2020年8月18日:新しい論文が出版されました。

“Climate and air quality impacts due to mitigation of non-methane near-term climate forcers”

https://doi.org/10.5194/acp-20-9641-2020

  • 2020年8月17日:新しい論文が出版されました。

“Are scenario projections overly optimistic about future yield progress?”

https://doi.org/10.1016/j.gloenvcha.2020.102120

  • 2020年8月6日:新しい論文が出版されました。

“Measuring the sustainable development implications of climate change mitigation”

https://doi.org/10.1088/1748-9326/ab9966

  • 2020年8月4日:新しい論文が出版されました。

“Impacts of climate change on energy systems in global and regional scenarios”

https://doi.org/10.1038/s41560-020-0664-z

  • 2020年6月30日:新しい論文が出版されました。

“Capturing Key Energy and Emission Trends in CGE models: Assessment of Status and Remaining Challenges”

https://doi.org/10.21642/jgea.050106af

“Macroeconomic Drivers of Baseline Scenarios in Dynamic CGE models: Review and Guidelines Proposal ”

https://doi.org/10.21642/jgea.050102af

  • 2020年5月18日:新しい論文が出版されました。

“Historical and future anthropogenic warming effects on droughts, fires and fire emissions of CO2 and PM2.5 in equatorial Asia when 2015-like El Niño events occur ”

https://doi.org/10.5194/esd-11-435-2020

  • 2020年5月15日:写真集のページを更新しました。

  • 2020年5月14日:新しい論文が出版されました。

“An Assessment of Global Macroeconomic Impacts Caused by Sea Level Rise Using the Framework of Shared Socioeconomic Pathways and Representative Concentration Pathways ”

https://doi.org/10.3390/su12093737

“Reply to: An appeal to cost undermines food security risks of delayed mitigation ”

https://doi.org/10.1038/s41558-020-0767-3

“Estimation of Direct and Indirect Economic Losses Caused by a Flood With Long-Lasting Inundation: Application to the 2011 Thailand Flood”

https://doi.org/10.1029/2019wr026092

“Taking stock of national climate policies to evaluate implementation of the Paris Agreement ”

https://doi.org/10.1038/s41467-020-15414-6

“The role of transport electrification in global climate change mitigation scenarios ”

https://doi.org/10.1088/1748-9326/ab6658

  • 2020年3月2日:研究に関する解説動画サイトを作成しました。

https://www.athehost.env.kyoto-u.ac.jp/%E7%A0%94%E7%A9%B6/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E5%8B%95%E7%94%BB

  • 2020年3月2日:写真集を作成しました。

https://www.athehost.env.kyoto-u.ac.jp/Photo

  • 2020年2月26日:新しい論文が出版されました。

“Decarbonization pathways and energy investment needs for developing Asia in line with ‘well below’ 2°C ”

https://doi.org/10.1080/14693062.2020.1722606

“ Air quality co-benefits from climate mitigation for human health in South Korea ”

https://doi.org/10.1016/j.envint.2020.105507

“Mitigating energy demand sector emissions: The integrated modelling perspective ”

https://doi.org/10.1016/j.apenergy.2019.114347

  • 2020年2月14日: IAMC 2019 Annual Meeting での藤森先生のインタビュー動画がYouTubeに掲載されました。

https://www.youtube.com/watch?v=U0hcJvQ5buc&feature=youtu.be

  • 2020年1月24日:写真集のページを追加しました。

  • 2020年1月23日:新しい論文が出版されました。

“Adapting global shared socio-economic pathways for national scenarios in Japan”

https://doi.org/10.1007/s11625-019-00780-y

  • 2019年12月27日:新しい論文が出版されました。

“Identifying trade-offs and co-benefits of climate policies in China to align policies with SDGs and achieve the 2 °C goal”

https://doi.org/10.1088/1748-9326/ab59c4

  • 2019年12月4日:新しい論文が出版されました。

“Limiting global warming to 1.5 °C will lower increases in inequalities of four hazard indicators of climate change”

https://doi.org/10.1088/1748-9326/ab5256

“ Integrated Solutions for the Water-Energy-Land Nexus: Are Global Models Rising to the Challenge?”

https://doi.org/10.3390/w11112223

“Biodiversity can benefit from climate stabilization despite adverse side effects of land-based mitigation”

https://doi.org/10.1038/s41467-019-13241-y

  • 2019年11月19日:藤森准教授が Highly Cited Researchers 2019(高被引用論文著者)に選出されました。研究者の評価の主要な指標の1つが、執筆した論文が他の論文に引用された回数です。Highly Cited Researchersは、研究分野ごとに引用された回数の多い論文の著者を世界で影響力のある科学者として選出するものです。今回は複数分野での業績を合算して評価されたCross-Field(クロスフィールド)における選出です。京都大学からは9名、日本からは102名が選出されています。

Highly Cited Researchers 2019の解説



  • 2019年10月30日:新しい論文が出版されました。

“A new generation of emissions scenarios should cover blind spots in the carbon budget space”

https://www.nature.com/articles/s41558-019-0611-9

  • 2019年10月25日:新しい論文が出版されました。

“Synergy potential between climate change mitigation and forest conservation policies in the Indonesian forest sector: implications for achieving multiple sustainable development objectives”

https://doi.org/10.1007/s11625-018-0650-6

  • 2019年10月24日:Nature Communicationsで発表した論文について、京都大学のホームページでも紹介されています。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/191018_1.html

  • 2019年10月24日:新しい論文が出版されました。

“Energy transformation cost for the Japanese mid-century strategy”

https://doi.org/10.1038/s41467-019-12730-4

  • 2019年10月11日:Nature Climate Changeで発表した論文について、京都大学のホームページでも紹介されています。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190926_1.html

  • 2019年9月27日:新しい論文が出版されました。

“Dependence of economic impacts of climate change on anthropogenically directed pathways”

https://doi.org/10.1038/s41558-019-0578-6

  • 2019年9月19日:Nature JapanでNature Sustainability誌に掲載された "A multi-model assessment of food security implications of climate change mitigation" (気候変動緩和策が食料安全保障に及ぼす影響の複数モデルによる評価) の著者インタビュー記事を掲載していただきました。

https://www.natureasia.com/ja-jp/natsustain/interview/contents/2?fbclid=IwAR2rxIyTSJmlonQrMONplx-KqUKZkjUg49hAgfQrl1n9bzSfn6tBmPe3rmk

  • 2019年8月26日:新しい論文が出版されました。

“ Mid-century emission pathways in Japan associated with the global 2 °C goal: national and global models’ assessments based on carbon budgets”

https://doi.org/10.1007/s10584-019-02490-x

  • 2019年8月22日:新しい論文が出版されました。

“ Implications of Japan’s long term climate mitigation target and the relevance of uncertain nuclear policy”

https://doi.org/10.1080/14693062.2019.1634507

  • 2019年7月24日:新しい論文が出版されました。

“ Key determinants of global land-use projections”

https://doi.org/10.1038/s41467-019-09945-w

  • 2019年7月2日:新しい論文が出版されました。

“ Global advanced bioenergy potential under environmental protection policies and societal transformation measures”

https://doi.org/10.1111/gcbb.12614

  • 2019年6月11日:新しい論文が出版されました。

“ Site-specific hourly resolution wet bulb globe temperature reconstruction from gridded daily resolution climate variables for planning climate change adaptation measures”

https://link.springer.com/article/10.1007/s00484-019-01692-3

  • 2019年5月28日:新しい論文が出版されました。

“A pathway design framework for national low greenhouse gas emission development strategies”

https://www.nature.com/articles/s41558-019-0442-8

  • 2019年5月14日:新しい論文が出版されました。

“A multi-model assessment of food security implications of climate change mitigation”

https://www.nature.com/articles/s41893-019-0286-2

  • 2019年4月12日:新しい論文が出版されました。

“Global emissions pathways under different socioeconomic scenarios for use in CMIP6: a dataset of harmonized emissions trajectories through the end of the century”

https://www.geosci-model-dev.net/12/1443/2019/

  • 2019年4月12日:新4回生が配属されました。

  • 2019年4月1日:大城賢助教が着任されました。

  • 2019年3月8日:新しい論文が出版されました。

“Looking under the hood: A comparison of techno-economic assumptions across national and global integrated assessment models”

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0360544218325039?via%3Dihub

  • 2019年2月21日:気温上昇による労働生産性の低下と適応策に関する論文について京都大学のFacebookで紹介されました。

https://www.facebook.com/Kyoto.Univ/photos/a.1743048105836354/2741295422678279/?type=3&theater

  • 2019年1月7日:新しい論文が出版されました。

“Japan's long-term climate mitigation policy: Multi-model assessment and sectoral challenges”

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0360544218320814?via%3Dihub


アクセス

住所

〒615-8540

京都府京都市西京区京都大学桂キャンパス Cクラスター C1-3号棟

准教授室:361号室 学生部屋:367号室

TEL:075-383-3370 (秘書)

FAX:075-383-3371

sfujimori(a)athehost.env.kyoto-u.ac.jp


桂キャンパスへのアクセスについては、以下のページをご覧下さい

http://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja/access/katsura